イエスだね。

オタクの日記

アメリカンヒーロー

大学院生活にも慣れてきて、マイナビ2019も始まった今日この頃。

皆さんお元気ですか?僕は気管支がダメっぽいです。明日から禁煙します...

 

最近僕は就活のために普段見ないタイプのサイトをよく見ます。

そのおかげか、新しい言葉や発見を良くします。具体的にはChromeのお気に入りに若手の女優の動画がいっぱいになりました。

そんななかでも「デモデモダッテちゃん」という言葉が面白かった。検索してもらったらわかるけど、大学によくいるよね、こういう女。俺は学食のぼっち席から遠巻きに見てるだけだけど。

 

デモデモダッテちゃんって言うのは言い訳ばっかりする量産型女子のことなんだけど、これが男だったり就活生だったりすると「でもでもいやちがうくてマン」に変身する。

 

いるよね、なんでも否定から入るやつ。まあ俺は頭悪いから否定されたら自分が間違ってることも多いからちゃんと相手の反論聴こうとしてる。でも最後まで聞いても俺の意見の間違い不足を指摘する内容だったことがほぼない、皆無。みんな否定の言葉から入って何も否定してない。新しく自分の意見を話してるだけ。

 

なんでこんな話の行違いが起こるのか、ちょっと考えてみた。

たぶんみんな相手の話を聞いてない、理解してないんだと思う。

とりあえず全否定して、”僕の考えた最強に正しい理屈”の発表大会が始まる。

会話しろよ会話、最悪チケット転売するからチケット寄越せ。あ、デジタルチケットは転売しにくいから勘弁してください。

 

思考能力のなくなった老人とか、考えるのがめんどくさくなった親世代とか、あんまり頭良くないけど背伸びしてる学生とかに顕著。

身近な例を上げると俺のカーチャン。窓ガラスは新聞紙で拭くと綺麗になるよって教えてあげてるのに「私には私のやり方があるの!!!」ってキレる。雑巾を新聞紙に持ち替えるだけじゃん...

 

そんなわけで、でもでも言ってくるわりに逆接の内容を話してこない偽りのバットマンには「あ、この人頭悪いんだな」って思うようにすると精神的にマウント取れる。メンタル的には霊長類最強。吉田沙保里。俺のメンタルまじ中性的美少女。